医者

様々な方法があります

カウンセリング

負荷の掛からない除去方法

人間に発生する症例には病気によってレベルが設定されている物があり、多くの症例でレベル3から4に設定されている物は外科手術が必要です。その代表的な症例がいぼで、中でも内痔核の場合は医師の診察を受け必要な手術を受けてください。手術の必要な事例の多くに保存療法や注射療法によって出血が止まらないケースが挙げられ、診察結果によっては腰椎麻酔を施す大規模な治療を行う必要もあります。内痔核と外痔核を併発している場合は結紮切除術という手術方法を使う事が多く、この方法のメリットは患部の一部分を自然治癒に任せるという事です。術後痛み止め等も処方してもらえるので、いぼ痔手術の中でも特にケアが充実して点が有名で積極的な医師への相談がお勧めです。また術後2日目からお風呂に入れますし、医師の判断で排便ができるようになるまで入院して生活のサポートを受けられるメリットも特徴的です。退院後も患部が出血する事例が確認されているので、入院する病院を自宅近辺にする方も多くいます。診察結果でそれほどいぼ痔が進行していない場合はゴム輪結紮療法を受ける事ができます。この方法はいぼの痔核に専用のゴム輪結紮器を使って、輪ゴムでいぼの痔核を絞るようにして固定します。やがて血液が廻らなくなり壊死する形で取り除くので、自然な仕上がりになると評判の手術方法です。体への負担を考えて長期的な治療をする事の多いいぼ手術ですが、最も慎重に手術計画を立案する事で有名なのがウイルス性いぼの手術です。ウイルス性の場合いぼだけでなく皮膚の下にウイルスが侵入している症例が多く、その影響で患部が固いので慎重にメスを入れていきます。処置期間としては半年近くの計画が立案され、徐々にいぼを取り除いていくので傷跡も残りにくく綺麗な術痕になります。反対に脂漏性角化症と呼ばれている老人性いぼについては、短時間の施術で除去できる軽度な症例として有名です。この場合は通常の医療用メスだけでなく、電気メスを使用した方法も使えるため患部を痕の残らない形で焼き切る事ができます。電気メスを使用する場合は患部を焼くのか切り取るのかを選択でき、医師の判断もありますがより綺麗な仕上がりになる方法を検討しましょう。最後に術後のアフターケアについてですが、医師の診察で患部によって違う方法を採用しています。メスを使用した場合は縫合した患部を水に浸け、電気メスの場合はテープを貼り付けてその後の経過を医師が観察していきます。そのため定期的な通院が必要になるので、計画的に診察を受け術痕が綺麗になるようにしてください。