医者

悩みが消えて素敵な笑顔に

顔を触る人

丸ごと取れるから人気

角質層が下から盛り上がるウイルス性のいぼと、表皮が盛り上がる加齢性など、見た目は似ていても、いぼができる原因は幾つかあります。いぼを取る治療として、美容外科では外科的な切除法と、電気による凝固法などが提供されており、大きな物でもない限り、凝固法で取り除けるのが一般的です。ほかにも保険治療の液体窒素を使った施術もありますが、通院回数が増え、いぼが小さければ周囲の健康な肌へも影響を与えることなどが課題になっています。ですが、いぼを電気の力で蒸散させて除去する電気凝方法なら、1回の治療でも良く、正常な皮膚へのダメージを抑えられることでも人気があるのです。施術の前に麻酔を行うため、高周波などの電気でいぼを取る時も大きな痛みを感じることはなく、痛覚に敏感な人でも受けられると評判になっています。施術後は治療部位に保護テープを貼付して過ごしますが、化粧や洗顔は保護テープの上からでもできるため、そのことも好評です。また電気式の凝固法は、1?程度のいぼなら1万円前後の料金でも受けられるなど、美容外科の中でも比較的気軽に受けられる施術になります。一方、いぼがある程度大きい場合は切除法が向いており、この治療も1回の手術でいぼを取り除けることから、患者の人々に喜ばれているのです。切除法でも局所麻酔を打ちますので、痛みに弱い人でも安心して手術を受けることが可能で、痛くない治療としても定評があります。この施術なら、いぼがとても大きい場合でも丸ごと取れるため、治療による改善効果が一目瞭然となるのも優れた特徴です。そのため長年のコンプレックスが解消できたことから、この治療を受けた多くの方々が笑顔になられています。特大サイズの物を除去した場合でも、切り取った後は丁寧に縫合してくれますので、傷跡がポッカリ開くことはありません。切除法の治療費は、1つにつき約3万円から5万円などとなっており、患部の大きさをはじめ、縫合の有無などによっても手術料金は変化します。手術で縫合した場合は、糸を抜くまで治療部分へのメイクは避けることも大切ですが、化粧自体は翌日からできるのが通例です。患部に貼る保護テープも茶色など、付けていても目立たないテープのため、その点も配慮されていることから好感が持たれています。そして美容外科での治療は基本的に自由診療になりますので、一定の相場こそあれ、正確な金額は各々のクリニックで異なっています。例えば、レーザーなどの電気式治療なら1?の大きさでも5千円程度で良い美容外科や、切除法なら5万円から15万円ほどは必要になるクリニックなど、様々です。全国展開する同系列の美容外科でも、各院ごとに差が見られるケースもありますから、治療を検討している際は事前にチェックしておきましょう。